会社概要

明和食品株式会社

〒891-1201
鹿児島県鹿児島市岡之原町4442-5
TEL:099-243-7117
FAX:099-243-8245

代表者 代表取締役社長 川邊ゆう子
創業

昭和51年

資本金 3,510万円
従業員 167名(うち、本社96名)
調理師 20名
管理栄養士 4名
栄養士 3名
事業内容
各種お弁当(一般・旅行会社向け)
仕出し料理
御祝料理、精進料理
宅配給食(普通食、糖尿・高血圧食、腎臓透析食)
病院給食(院内給食・院外給食)
保育所・幼稚園・学校・施設給食
医療関連サービスマーク
賠償責任保険 保険種別:生産物賠償責任共済
保険会社:社団法人日本惣菜協会(日本興亜損害保険代理店)
保証内容:1名につき2,000万円/1事故につき 10,000万円





天然の地下水
当社では、食事の材料に使用している水はもちろん、調理〜洗浄まですべての工程で、地下200mから汲み上げた、天然の地下水を使用しています。

定期的な水質検査
使用する地下水は、定期的に水質検査を実施。皆様へ安心と安全をお届けするため、厳しい基準を設け、チェックしています。


主要設備

スチームコンベクション

標準化や芯温管理などにより、効率的かつ安全な調理を実現します。

大型自動連続炊飯機

自動連続炊飯器で、おいしく均一に炊きあげます。


ベルトコンベアー

大量製造を可能とする大型レーンです。ここでも人の目で一品一品のチェックをします。

真空冷却機

危険温度帯(30~50℃)を速やかに、かつ中心まで均一に冷却し、食中毒等の発生を防止します。


プレハブ冷凍庫

プレハブ型の大型の冷凍庫・冷蔵庫で温度管理、消費・賞味期限管理を徹底しています。

プレハブ冷蔵庫


自動高圧洗浄機

高圧洗浄機により、菌や汚れを綺麗に落とします。

食器消毒保管庫

洗浄後の容器の保管も消毒庫で管理を行います。


配送用保冷車

製造工程だけでなく、配達中の温度管理も行います。

品質管理室

品質管理室で徹底した品質管理及び温度管理を行います。


社是

社是

明和食品㈱は武道の教え、世阿弥の言葉である「守・破・離」を基本にする。

物事を始めてから、独り立ちしていくまで、三つの段階、最初は教えを守り、次に自分なりの発展を試み、最後には型を離れて独自の世界を創り出していく。

食を基軸に食文化の道を極め、安心安全を礎として感動を与える企業精神を第一とする。

沿革

昭和51年2月 鹿児島市西伊敷に「明和食品株式会社」設立
昭和53年4月 鹿児島市の指定業者となる
昭和58年4月 鹿児島大学付属病院「親和会」の指定業者となる
昭和58年5月 鹿児島市岡之原町に本社・工場を移転
昭和58年10月 自衛隊の一般競争参加資格を取得
昭和60年4月 京セラ㈱との取引開始
昭和62年2月 鹿児島県経済連の指定業者となる
平成8年4月 鹿児島県立養護学校の給食業務受託
平成9年4月 JTB他 旅行会社の指定業者となる
平成11年7月 宅配給食事業開始
平成12年7月 社団法人日本メディカル給食協会 入会
平成15年10月 医療関連サービスマーク認定証書取得
平成17年2月 シルバーマーク認定書取得
平成17年7月 山形屋の指定業者となる
平成18年8月 JR九州との取引開始(駅弁販売)
平成19年4月 デイサービス食事業拡大
平成22年6月 病院職員食堂の運営開始
平成23年4月 鹿児島空港事務所職員の食堂業務受託
託児所給食事業の開始
平成26年4月 鹿児島県中央児童相談所の調理業務受託
平成27年4月 学校法人(8施設)の食堂運営開始
平成27年10月 国民文化祭・かごしま2015の指定弁当業者となる
幼稚園給食事業の拡大(1日1000食以上の製造)
平成27年11月 ビジネスランチ事業開始